Golden Weekでじっくり読みたい:「GOSEN」を作った人が切に貴方に伝えたい英語の勉強法

If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right.

毎日、次の日が最後日だと思って生きていけば、その日は人生のどこかで、本当のようになって来るでしょう。

Steve Jobsの演説から
gosenで皆の参加を確認する
はてなブックマーク - Golden Weekでじっくり読みたい:「GOSEN」を作った人が切に貴方に伝えたい英語の勉強法
LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。川島です。

ウェブサービスgosen(語学はセンテンス)を作った人です。

今日の記事では、GWに合わせててじっくり読みたい方に向けに書いた記事です。

noteにも掲載中です。メンテナンスもnoteメインで行なっていきます。よかったら、そちらもよろしくお願い致します。

自分の中では相当長く温めた記事の一つです。

その上、最近サイトの方が(https://gosen.world)少しずつ人気がで始めたので、このタイミングに合わせて記事を出して、人気をブーストしたいと考えています。

gosenは何かというのもこれからじっくり話をしていきたいと思います。

一、冷静に考えましょう

こんなTweetがありました。

 

GWですから、時間がありますので、じっくり分析してきましょうか。笑

文法不要

YES and NO : 文法は気にしすぎると、スピーキングが遅くなって、会話が成立しなくなります。また、文法が正しく追求するがゆえに、作文も会話も進まなくなって、ただの学術者になってしまう恐れがあります。

我々の中ではは一部除いてほとんど学術者になりたいではなく、英語を流暢に喋りたいですよね。ですので、文法は深く追求しすぎると、本末転倒になってしまいます。

とは言え文法不要ではないです。試験にも文法の理論知識があった方が有利ですし、文法の正しい英語が耳に入りやすいですし、聴きやすいですい。

想像してみてください、ちょーイケメンの人で、発音がアナウンサーのように綺麗で、ただ文法がめっちゃくちゃで汚い構成で目の前で喋ってきたらどう思いますか?幻滅ですよね。笑。

格好いい英語は、正しい文法が必要です。

イケメン、淑女になるためには、英語の発音だけではなく、英語の文法も勉強しましょう!笑

丸暗記不要

YES and NO : これは単語の話だと思われますが、単語の丸暗記はそんなに賛成しないですが、でも何らかの記憶のプロセスがないと、単語を覚えないですよね。何もしないで、単語が頭に入って、ボキャブラリーが増えるなんて魔法が聞いたことがないです。記憶することは必要です!

ただ、単なる単語帳を使っての単語の丸暗記は全くオススメしません!

単語はできれば、単語はセンテンスの中に入れで、そのセンテンスを覚えて欲しいです。

私がgosen (https://gosen.world)を作った理由もこれですが

単語ですと、孤立しやすくて、暗記しても忘れにくくて学習の効果がよくないです。特に成人してからそうです。(中学生、高校生は力技で多少できますが)

なぜかというと、脳の中で、「記憶」することは、タンパク質を作ることになっていると言われています。そのタンパク質とタンパク質のつながりが「思い出しやすさ」です。

単語の場合は、前後何もなく、脳内のタンパク質がそれぞれ孤立しているから、いざ使うとき、ほとんどの場合思い出そうとしても思い出せないです。

特に、一度に大量の単語を単語帳から暗記した場合、あんまりにも一度に大量に詰め込んだせいで、お互いに干渉しあって、みんな「似た」ような「形」のタンパク質が大量に作られて、何が何だかが全く分かりません。

最悪なのは、辞書を開いて、上から下までやる方法です。綴りが似ていませんか?私は絶対無理です!笑。

できればセンテンスで覚えた方がいいです。

なぜならば、センテンスには様々な情報があります!

  • 話し手
  • 聴き手
  • 人間関係
  • 感情
  • メッセージ性
  • 行間
  • 空気感
  • 状況
  • 感情
  • 立場
  • リズム
  • 単語
  • 文法
  • フレーズ 単語、フレーズ間の接続
  • センテンスの意味
  • etc.

このリストはまたまたいっぱい書けますね。このようにたくさんの情報がセンテンスに入っているわけですので、脳内「記憶」するときに、タンパク質を作るときに、同じ「形」のタンパク質を作れてしまう可能性が低く、タンパク質間のつながりもたくさん作れますね。

意味が思い出せないときは、その中のフレーズで思い出す。フレーズが思い出せないときは、そのセンテンスの人間関係を取っかかりで思い出す。人間関係を思い出せないときは、そのセンテンスの状況をヒットで思い出す。などなど、たくさんの「引き出し」を作れますね。これがセンテンスを覚える学習法の秘密なんです!ここまで無料にするのは訳がわからんデス。笑。

聞き流しだけ

次、聞き流しだけ、これもYES and NOです。

聞き流しは私は初期よくやりました。問題は「だけ」にあります。

「聞き流しだけ」だと、あたなは何も処理していませんね。

@demi_maroquinさんがご指摘したように、ピアノを聞き流しだけで、ピアノを弾けるようになれますか!という問いですね!いや!鋭い!まさにその通り!弾けるようになれるわけないですよね!

英語も聞き流しだけじゃあ英語は覚えられませんし、上達もしません、断言します!

じゃ、どうすればいいんだ!

聞き流し+αセットでやってください。

例えば、瞬間的には聞き流ししているだけ何もしれません、それは問題ありません。ただそこで終わりにせずに、プラスアルファで作業をすると、断然効果的になります。私の場合は、英語を結構長時間聞き流ししました。

一回、2,3時間聞き流ししたことが普通にあります。

その後、(次の日の場合もあります)聞いた中で、気になる単語やフレーズ、文法(例えばなんでこんな動詞の変形なのか、なんでこんな語順なのか)を徹底的に調べてメモに残して、格好いいなと思うセンテンスも書き出して、真似して、自分も言えるように練習するのです。そうすると、単語、フレーズ、表現、文法、ヒアリング、自分の発音、スピーキング、全部セットになって練習したことになります。

皆さんも聞き流しの練習だけではなく、「聞き流し+何かの処理作業」にしてください!

手を動かすと、記憶の質が全然違ってきます!

短期間で習得

これはNOですね。

はっきり申し上げます!無理です!本当に!最低は年単位です!センスのいい人、天才と選ばれしものは数ヶ月できるかもしれませんが、普通は年単位で考えてください。アメリカに留学しても、年単位で考えてください。

アメリカに行って六ヶ月で英語でアメリカ人とDebateできると思いますか?

短期間は「3年間の意味ですよ」というなら許します。笑。

頑張らなくて良い

これはYES and NOです。

なぜならば、そもそも頑張るとはなにですよ。

嫌なものを頑張ってやるのは、そもそも私は賛同しません。

英語も嫌でしたら、正直、やらなくて良いです。どうしてもやらなければならない場合は、英語の楽しい部分を探してやりましょう。英語のコメディーとか、好きな英語(アメリカやイギリス)の格好いい歌手とか探して、そういう切り口から入るのもありです。

やらなくてもよい、かつ英語は嫌い、必要性もないなら、正直「人生の他を楽しんでいいんじゃないか」の一言です。(この記事ここまで読んでいる方でしたら、多分そういう状況ではないと思います。)

あとは、残る人は、英語が好きか、あるいは、どうしてもやらなければならない(来週海外の営業部に配属されて、営業ノルマが決まっている、先月住宅ローンを組んでマイホームを購入したばかり)という人は下の一言です。

「頑張れ!」正しい方法で頑張れ!というより「英語のセンテンスを頑張れ!」です。そのために https://gosen.world を作ったのです!

二、GOSENとは

GOSENは私が半分趣味、半分本命で作った英語学習支援ウェブサービスです。FacebookやTwitterのIDで簡単にログインできます。

私が、一人でシステムを開発制作しています。(とても技術的な内容になりますので、その作り方や、苦労をまた別の記事で書きたいと思います。使っているのはJavaScriptのMEAN stackです。MongoDB + Express.js + Angular.js + Node.js)

私自身も英語、日本語、中国語のトリリンガルで

語学が大好きなんです。特に会話が大好きです。

多分、「人」が好きなんでしょうね。人の経験を聞いたり、人の知恵を聞いたりすると、自分の人生も豊かになる気がしませんか?

このGOSENという名前に込めた思いは三つあります。

語(GO)学はセン(SEN)テンスだ

語(GO)学専(SEN)門ウェブサービだ

始めたいなら、単語は5000(GOSEN)以上覚えましょう。

ということで、gosenというサービス名にしました!

GOSENはいくつか重要な機能があります。

センテンスをメモ(シェア)する機能

メモ(シェア)したセンテンスは自分のメモ用の同時に、みんなに共有されて、みんな四種類のレスポンスができます。

  • コツ、テキストレスポンス
  • 画像、写真図解など
  • 音声、解説
  • YouTubeビデオ

下のように、共有されたセンテンスが一覧で見ることもできますし、キーワードで検索することもできます。

そのセンテンスに投稿された、音声、写真、ビデオも一覧のカードに表示されています。

いうまでもないですが、全てセンテンス単位です。

上が説明したように、センテンスを記憶するのが一番効果的な英語勉強法ではないかと考えているからです。

みんなのコツ、コメント投稿閲覧機能

自分のメモしたセンテンスに、みんなの知恵が分かち合ってくれる人のコメントをみたりして、その活動自体も実は学習のプロセスでもあるのです。

ソーシャルネットワークのアプリをやってもいいですが、どうせなら、その時間を使って、自分の英語の「場数」も増やした方が得だと思いませんか?

ちなみに、こんなに宣伝しても、このサービスは無料です!

将来も、マネタイズも考えますが、なるべく安価なサービスにしていきたいと思います。大企業とのタイアップや広告収入を得るなど、なるべくユーザーの負担を最小限にしたいと考えています。それと同時に、英語学習者にとって「真」の価値は何かと常に考えていきたいと思います。

まとめ機能

センテンスがいっぱい投稿されると、まとまりがなく、発散してしまいますが、まとめ機能を使えば、同じグループのセンテンスを一緒に比較、学習することができます。

例えば、ホテル用語まとめ、時制のまとめ、単語〇〇の使い方まとめ、病院用語まとめ、スラング表現まとめ、などなど、誰でも作れちゃいます!

私も実は昔こうやって複数のセンテンスを比較しながら、センテンスの勉強をしました。

そういう意味ではGOSENが私の勉強方をそのまま再現してツールにしたようなものです。笑。皆さんも使えば、TOEIC900点突破できるかもしれません。

もちろん、あなたがコミットメントする前提です。あなたがコミットメントしなければ、どんなツールを使っても無理です。はい、断言できます。

コミットメント  >  ツール(GOSENも含む)です。

英語の習得はコミットメントです

三、アクションは全て

アクションは全てです。

「苦労して」英語を覚えた人がいい先生になる

上の記事にも私がどんな人がいい先生になるのかという内容で書きましたが

結局教える人は、「苦労」した人ですよね。

「苦労」するってこの時代でなぜか「格好悪い」言葉のような風潮がありますが、苦労は必要です。避けて通らない道です。

不動産でしたら、投資しておけば、毎月お金が増えますが、でも不動産の投資と違って、語学は何をしておけば、自動的に語学能力が上がるというのはないです。私がしている限りはないです。あったら教えて欲しいです。

語学は、地味な努力と、あなたの行動の投資です。

語学に限らず、全ては実行ですよね。

何かを手に入れるためには、代価が必要です。

語学の場合は、その対価は時間と努力です。もちろん正しい方法も必要です。私がオススメする「正しい方法」は英語センテンスの勉強です。gosen(https://gosen.world)です。

周りの英語のうまい人を見てください。(Nativeの人と帰国子女以外)みんな努力家です、みんな苦労した人ばかりのはずです。違っていたら、教えて欲しいです。

もしも、あたながTOEIC600点あたりで徘徊しているのであれば

それは、あなたが中級に行く途中だということを示唆しています。下の記事で書いているように、あなたはまさに、今全ての行動を「センテンス力」の向上に移すべきです。

TOEIC600点台から上がる方法!

最後

GWとはいえ、なかなかの長文になってしまいましたが

私のメッセージを伝わったでしょうか

英語の習得は努力が必要です、世の中の「甘い」宣伝を自分のいろんな経験に照らしわせて冷静に考えて見てください。

英語の習得はコミットメントです。

英語の初心者脱出はセンテンス力の向上です。

ぜひこれからの英語の勉強はセンテンスの勉強にシフトして見てください。

あたなの英語の上達の道中でgosenが少しでもお役に立てば嬉しいです!

では、また次の記事でお会いしましょう!

はてなブックマーク - Golden Weekでじっくり読みたい:「GOSEN」を作った人が切に貴方に伝えたい英語の勉強法
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close